about NODE

NODEは、日本のランドスケープを様々な視線で捉えた新しい写真グループである。
グループ名NODEには、結び目、天体軌道が交わる交点などの意味がある。さらに言葉の響きとして、
写された複数の景観の濃度(NODE)の意味もこめている。この場で写真家の視線がクロスし、焦点を結び、
現代日本の豊穣なランドスケープを記録し、記憶化させたい。

ランドスケープとは、自然景観や都市、工業景観など、大小さまざまな土地や空間の眺めであり、人と自然や
環境との関係をとらえる景観の現れである。

NODEの多くの写真には、即物的で叙事的な風景が写され記録されているが、風景をつつみこむ空気の質や気配を
写しとめている写真もある。そこには、写真家の私的な眼差しが入り込み、記録と共に記憶にとどめておきたい
時代の風景が刻まれている。

日常的な光景を記録、表現する眼差しを基本に、日々激しく変貌していくランドスケープを発見し、日本のランド
スケープ写真の新たな可能性や時代の予兆を表出させていきたい。

2013年8月16日 中里和人

 

NODE is the photographer collective which takes new approaches to Japanese Landscapes Photography from
various points of view. Besides its original meaning, such as a “knot” and a “point where an orbit crosses a plane,
” the name NODE also indicates the thickness seen in a number of scenic images photographed. NODE is the place
where the photographers exchange views, find their focuses, and record the fertile Japanese landscapes of today to
preserve memorable scenes.

Natural landscapes, industrial landscapes, and cityscapes, landscapes vary in size diversely, and clue us in on how
humans relate to the natural environment. Most of photographs appear in NODE are scenic photographs taken in a
realistic and narrative manner, but some photographs convey the texture and hints of surrounding atmospheres not
only the outline of the places. In the case of latter, the personal vision of the photographers stays in such photographs
together with their will to recollect the memorable scenes for them.

The fundamental attitudes of NODE are to record landscapes in everyday situations, cultivate one’s ability to express,
and simultaneously keep looking at the drastic transformation of scenes. NODE tries to see the sign of a new era, and
as a whole, wishes to open up new possibilities in Japanese Landscape Photography.

August. 16. 2013 Katsuhito Nakazato

2013.9 THE TOKYO ART BOOK FAIR2013
2014.5 写真展NODE